文字サイズ
標準
拡大

国会エネルギー調査会(準備会)

国会エネルギー調査会(準備会)について

「国会エネルギー調査会(準備会)」は、国会にエネルギー政策見直しを議論する場がないことを問題視し、国会エネルギー調査会(準備会)有識者チーム(第20回から基本問題委員会自主的分科会より改称)と、超党派議員連盟「原発ゼロの会」の協働により自主的に継続開催しているものです。国会エネルギー調査会(準備会)有識者チームは環境・エネルギー政策や原子力政策に知見や専門性を有する有識者で構成されています。「原発ゼロの会」には、現在7党・無所属の国会議員78名(2016年11月現在)が参加しています。

出席の議員および有識者について

超党派議員連盟「原発ゼロの会」役員体制及び所属国会議員

*役員体制(2016年11月現在)
【共同代表】河野太郎(衆・自民)、近藤昭一(衆・民進)
【世話人】長谷川岳(参・自民)、阿部知子(衆・民進)、逢坂誠二(衆・民進)、初鹿明博(衆・民進)、真山勇一(参・民進)、笠井亮(衆・共産)、河野正美(衆・日本維新の会)、玉城デニー(衆・自由党)、照屋寛徳(衆・社民)
【顧問】加藤修一(参(元)・公明)、山内康一(衆(前)・民進)、鈴木望(衆(前)・日本維新の会)
【事務局長】阿部知子(衆・民進)

*「原発ゼロの会」所属以外の国会議員の方にもご参加いただいています。

国会エネルギー調査会(準備会)有識者チーム

【委員長】植田和弘(京都大学名誉教授)
【事務局長】飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
【メンバー】枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)、大島堅一(龍谷大学教授)、伴英幸(原子力資料情報室共同代表)、金子勝(慶應義塾大学教授)、浅岡美恵(気候ネットワーク理事長)、大林ミカ(自然エネルギー財団)、田窪雅文(核情報)、山岸尚之(WWFジャパン)他

有識者チームメンバー以外でご出席頂いた有識者の皆さま(ご出席順、敬称略)

阿南久(元全国消費者団体連絡事務局長、前消費者庁長官)、フランク・フォンヒッペル(米プリンストン大教授、IPFM共同議長)、後藤政志(元原子力プラント設計技術者)、渡辺満久(東洋大学社会学部教授(地形学))、トーマス・コーベリエル(自然エネルギー財団理事長、前スウェーデン・エネルギー庁長官)、高橋洋(元富士通総研主任研究員、都留文科大学教授)、伊藤久雄(公益社団法人 東京自治研究センター)、黒川清(国会事故調査委員会元委員長、東京大学名誉教授)、脱原発をめざす首長会議(村上達也・茨城県東海村元村長、三上元・静岡県湖西市長、保坂展人・東京都世田谷区長ほか)、工藤壽樹(北海道函館市長)、高谷寿峰(北海道北斗市長)、中宮安一(北海道七飯町長)、井野博満(東京大学名誉教授・金属材料学)、島薗進(上智大学教授、上智大学グリーフケア研究所所長)、吉岡斉(九州大学副学長、元政府原発事故調委員、原子力市民委員会座長)、古賀茂明(古賀茂明政策ラボ代表、元経済産業省大臣官房付)、ヴィンフリート・クレッチュマン(ドイツ連邦参議院議長、バーデン=ヴュルテンベルク州首相)、今田高俊(日本学術会議、東京工業大学名誉教授)、鈴木達治郎(前原子力委員会委員長代理、長崎大学教授)、木村真三(獨協医科大学准教授)、佐藤暁(原子力コンサルタント)、舩橋晴俊(法政大学名誉教授、原子力市民委員会前座長)、筒井哲郎(原子力市民委員会原子力規制部会メンバー、プラント技術者の会)、海渡雄一(日本弁護士連合会、弁護士)、野村修也(中央大学法科大学院教授、元国会事故調査委員会委員)、歌川学(産業技術総合研究所主任研究員)、田中三彦(元国会事故調査委員会委員、科学ジャーナリスト、新潟県技術委員会委員)、佐藤彌右衛門(会津電力(株)代表取締役社長)、服部乃利子(しずおか未来エネルギー(株)代表取締役社長)、上岡直見(環境経済研究所代表、『原発事故避難計画の検証』著者)、高杉徹(茨城県常総市長)、佐藤和雄(元小金井市長)、小島敏郎(青山学院大学教授)、飯田勝泰(東京労働安全衛生センター事務局長)、渡辺美紀子(原子力資料情報室)、安田陽(関西大学准教授)、除本理史(大阪市立大学教授)、卯辰昇(損保ジャパン日本興亜保険サービス株式会社)、高村ゆかり(名古屋大学教授)、藤末健三(参議院議員、PNND日本)、佐藤暁(原子力コンサルタント、新潟県技術委員会委員)、明日香壽川(東北大学教授)、吉田明子(FoE JAPAN、パワーシフトキャンペーン事務局)、大石美奈子(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会副会長)、白川恵子(パルシステム生活協同組合連合会副理事長)、鈴木松夫(株式会社パルシステム電力)、小出浩平(ワタミファーム&エナジー株式会社 代表取締役)、崎山比早子(3・11甲状腺がん子ども基金代表理事、国会事故調査委員会元委員)

事務局

* 阿部知子事務所(原発ゼロの会事務局)
* 環境エネルギー政策研究所(国会エネルギー調査会(準備会)有識者チーム 事務局)

各回の概要について

資料は原則としてすべて公開しますが、報告者やその他の都合により掲載不可となる資料もございますので、予めご了承ください。

第1回〜第60回はこちらをご覧ください。

第67回
再エネ拡大を阻む空容量ゼロ問題 ~送電線に空容量は本当にないのか~(2017年11月30日)
[映像]  [事務局資料] [経産省資料]

第66回
子どもの甲状腺がん検査の現状と課題~増え続ける甲状腺がんとチェルノブイリからの教訓~(2017年6月15日)
[開催案内] [映像]  [事務局資料] [環境省資料]

第65回
東電福一原発の事故処理費用はいくら? ~21.5兆円試算の根拠とその責任の所在を問う~(2017年5月16日)
[開催案内] [映像]  [資料]

第64回
中身の見えない託送料金と損賠・廃炉費用 ~消費者利益の視点から「過去分」は許されるか?~(2017年4月18日)
[開催案内] [映像]  [資料]

第63回
FIT法改正と再エネの送電線接続問題を問う(2017年3月14日)
[開催案内] [映像]  [資料]

第62回
廃炉費用の託送料金転嫁は許されるか?〜膨れ上がる廃炉費用への懸念〜(2017年2月21日)
[開催案内] [映像1] [映像2] [資料]

第61回
原発事故費用は誰が負担するのか~公平性なき東電・電力業界救済策を問う~(2016年11月17日)
[開催案内] [映像] [資料]

関係リンク

超党派議員連盟「原発ゼロの会」: http://blog.livedoor.jp/gempatsu0/
脱原発をめざす首長会議: http://mayors.npfree.jp/
基本問題委員会自主的分科会: http://www.isep.or.jp/archives/library/4894

 

※国会エネルギー調査会(準備会)の一部(第1回〜第56回)は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催しています。