文字サイズ
標準
拡大

イベント

第4世代地域熱供給 4DHワークショップ(10/7)

欧州では地域熱供給が熱部門の脱炭素化に大きく貢献することが期待されており、デンマークを中心に第4世代地域熱供給に向けた研究・実証が進んでいます。その中、デンマークのオールボー大学では、この第4世代地域熱供給(4DH)の実現をリードし、欧州17カ国を対象とし…続きを読む

エネルギーデモクラシーで持続可能なエネルギー未来を創る(9/27 イベント)

当研究所は、持続可能なエネルギー政策の実現を目的として2000年9月に設立されました。国のエネルギー政策に関する提言、自治体の環境エネルギー政策の立案・実施支援、地域に根ざした参加型の自然エネルギー事業モデル開発などに取り組んでまいりました。来年(2020…続きを読む

「平成経済 衰退の本質」発売記念 金子勝トークショー(9/7 イベント )

当研究所理事/慶応義塾大学 名誉教授の金子勝氏の近著『平成経済 衰退の本質』(岩波書店)の発売記念トークショーが9月7日(土)カフェ&ギャラリー・キューブリック(福岡市東区箱崎1-5-14)にて開催されます。当研究所所長 飯田哲也もゲストとして参加いたしま…続きを読む

原発ゼロ・エネルギー転換に向けた緊急院内集会(7/12)

参議院選挙を迎えるにあたり、未来のためのエネルギー転換研究グループと市民連合は共催で、原発ゼロ・エネルギー転換に向けた緊急院内集会を開催します。 日本のエネルギー政策は、2011年の福島第一原子力発電所事故前と根本的には変わっておらず、それが日本経済にとっ…続きを読む

国会エネルギー調査会(準備会)第80回

原子力規制委員会は新規制基準に基づく原子炉設置変更許可を2018年9月、運転期間延長許可を日本原子力発電(以後、原電)の東海第二原発に同年11月7日に与えました。 これを受けて原電は今年3月、周辺住民に「2018年11月7日に原子力規制委員会から運転期間延…続きを読む

ソーラーシェアリング推進連盟 設立1周年記念シンポジウム

当研究所所長、飯田哲也が理事を務めるソーラーシェアリング推進連盟の設立1周年記念シンポジウムが開催されます。国内のソーラーシェアリングのこれまでの実績と成果を振り返り、今後の課題を議論する重要な機会となりますので、ぜひご参加下さい。 開催概要 ソーラーシェ…続きを読む

国会エネルギー調査会(準備会)第79回

福島第一原発の廃炉作業は、危険と隣り合わせであることが明らかになっています。昨年までに起きた死傷事故(休業4日以上)は41件(うち4件4人死亡)。放射線被ばくによる労災申請17件のうち、わずか6件が認定されたのみ、さらに長時間労働による労災認定1件も判明し…続きを読む

国会エネルギー調査会(準備会)第78回

1986年のチェルノブイリ原発事故、2011年の福島第一原発事故を受けて、日本では翌年、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT法)が成立しました。しかし、昨年策定の第5次エネルギー基本計画には原発をベースロード電源とする一方…続きを読む

国会エネルギー調査会(準備会)第77回

福島県の事故当時18歳以下を対象にした甲状腺検査により、現在までに207人が甲状腺がん又は疑い、うち167人(悪性166人、良性1人)の診断が確定しました。検査の結果、経過観察とされ、福島県立医大に委ねられた中からも最低11人ががんと診断されています。罹患…続きを読む

国会エネルギー調査会(準備会)第76回

2019年度予算案を見ると、原子力と再エネに関しては、経産省の「資源・エネルギー関係予算案」8306億円(前年度7798億円)、文科省の「原子力分野の研究開発・人材育成」予算案1477億円(前年度1478億円)と総額では9783億円(昨年度予算9276億円…続きを読む