文字サイズ
標準
拡大

イベント

【ISEP共催】「パワー・トゥ・ザ・ピープル」上映会@東京・福岡・京都

Go Renewable 再生可能エネルギーを活かして ドキュメンタリー映画「パワー・トゥ・ザ・ピープル~グローバルからローカルへ」上映+トーク~コミュニティ・パワー~ ■ 概要 「大きな社会」から、顔の見える「小さな社会」へ。国政に任せるだけではなく地域…続きを読む

【ISEP共催イベント】地球温暖化の国連交渉 ボン会議報告会

地球温暖化の国連交渉 ボン会議報告会 第38回補助機関会合及びダーバン・プラットフォーム作業部会 ■ 趣旨 京都議定書第1約束期間が終了し、すべての国を対象とした新しい温暖化の国際枠組みの合意に向けた交渉が本格化してきました。2013年2回目の国連気候変動…続きを読む

【プレスリリース】「国会エネルギー調査会準備会」(第27回)の開催について

  今国会の最終回となる第27回では、エネルギー政策の転換を考える原点とすべき福島第一原発事故の影響を見つめ直すべく、放射線被ばくと健康管理における国の責任について考えます。 ご承知のとおり、福島第一原発事故発生当時に18歳以下だった福島県の子ど…続きを読む

【イベント】6月19日コミュニティパワー・イニシアチブ立ち上げイベント開催

■ 趣旨 「ご当地電力」など、地域主権のエネルギー社会を目指す各地のキーパーソンを発起人として、地域エネルギー主権とエネルギーの民主化のために連携、協力し、さらにその動きを加速するためのネットワーク「コミュニティパワー・イニシアチブ」(旧:地域エネルギーイ…続きを読む

【プレスリリース】「国会エネルギー調査会準備会」(第26回)の開催について

  第26回では、原発から出る「核のごみ」の最終処分問題を考えます。 現行政策は、使用済み核燃料を含む高レベル放射性廃棄物を地中に廃棄することとしていますが、その処分場確保は白紙状態のままとなっています。日本学術会議は昨年9月、この現行政策の抜本…続きを読む

【ISEP共催イベント】空白の責任–原賠法の問題点とあるべき姿を考える

原子力損害賠償法 勉強会 空白の責任–原賠法の問題点とあるべき姿を考える   ■ 趣旨 原子力損害賠償法は、原子力政策の根幹にかかわる重要なルール。 目的は「被害者保護」と「原子力産業の健全な発達」と並列で記されています。 しかし、東…続きを読む

【プレスリリース】「国会エネルギー調査会準備会」(第25回)の開催について

第25回では、このたび参議院議長招聘によりドイツから来日されるヴィンフリート・クレッチュマン氏(ドイツ連邦参議院議長、バーデン=ヴュルテンベルク州首相)より、ドイツにおける脱原発の現状についてご講演を頂けることになりました。 ご承知のとおり、ドイツは日本の…続きを読む

【飯田所長出演イベント】5月17日「エネルギー選択時代!!」開催

エネルギー選択時代!!~環境と経済が好循環する社会を目指して~ ■ 概要 東日本大震災に伴って発生した福島第一原子力発電所の事故は日本のみならず世界中の国々のエネルギー政策を根底から揺さぶりました。食品・人体・環境など、原発事故によって計り知れない影響が懸…続きを読む

【重要】「国会エネルギー調査会準備会」(第25回)の開催延期のお知らせ

  平素より大変お世話になっております。 さて、過日にご案内を差し上げました国会エネルギー調査会準備会(第25回)は、講師等の都合により開催を延期させて頂くこととなりましたので、お知らせ致します。 関係各位には、直前の延期決定によりご迷惑をおかけ…続きを読む

【プレスリリース】「国会エネルギー調査会準備会」(第24回)の開催について

  第24回では、東京電力の経営問題をあらためて検証します。 全国の電力会社の2013年3月期決算が出そろい、純損益は合計約1兆6千億円もの赤字になりました(北陸と沖縄を除く8電力合計)。なかでも東京電力は 6,852億円の赤字と突出し、公的資金…続きを読む