文字サイズ
標準
拡大

お知らせ

【お知らせ】5/18(水)22:00~@NHK BS1にて、ワールドWaveトゥナイト「非原発国」はいま ~原発なきエネルギー政策は可能か~  に飯田哲也が出演

■NHK BS1 
 ワールドWaveトゥナイト
 「非原発国」はいま ~原発なきエネルギー政策は可能か~
 2011年5月18(水)22:00~
 出演:安藤隆(ロンドン支局記者)
    高橋潤(ウィーン支局記者)
    向井麻里(シドニー支局記者)
    飯田哲也(環境エネルギー政策研究所 所長)
 [詳しくはこちら]

(内容)日本は原発への依存から脱却することはできるのか?福島第一原発事故の波紋が広がる中、代替エネルギーへの関心が高まっている。風力や地熱、バイオマス発 電などの先進国の現状と課題をとおし、今後のエネルギー政策のあり方を考える。風力や地熱発電で電力の70%をまかなっているニュージーランド。原発禁止 を憲法に明記し、バイオマス発電などを積極的に進めているオーストリア。原発に頼らずエネルギーを確保している「非原発国」の現状をとおし、専門家ととも に日本の今後を考える。””

【お知らせ】5/17(火)23:00~23:58@テレビ東京にて、ワールドビジネスサテライト「原発代替なるか?次世代太陽電池技術のいま」(仮題)に飯田哲也が出演

■テレビ東京 ワールドビジネスサテライト
「原発代替なるか?次世代太陽電池技術のいま」(仮題)
 2011年5月17日(火)23:00~23:58
 [詳しくはこちら]“”

【お知らせ】本日16:00~17:00、当研究所より「原発事故賠償のISEPスキームについて」「週刊ポスト「「自然エネルギー」の不都合な真実」への反論」「その他」を公表予定です <第5回>ISEP Ustream チャンネル/Ust配信

本日、当研究所より、以下を公表予定です。

【第5回 2011年5月16日(月)16:00~17:00】
 1. 原発事故賠償のISEPスキームについて
 2. 週刊ポスト「「自然エネルギー」の不都合な真実」への反論
 3. その他
 <資料>
 ・プレスリリース:被害救済と国民負担最小化のための福島原発事故賠償スキーム(PDFダウンロード)【ISEP Ustreamチャンネル詳細】
■ Ustreamで中継する生放送会見(週1回を予定)
■ 場所:環境エネルギー政策研究所(東京都中野区中央4-54-11)【メディア関係者の皆様】   
取材のお申込み等につきましては、以下のメール宛にお願いいたします。
※代表アドレス:info01[@]isep.or.jp *[@]を@へ変更の上、送信ください。   
なお、「お問い合わせフォーム」より送信頂くこともできます。【本件に関するお問い合わせ】
特定非営利活動法人 
環境エネルギー政策研究所(ISEP) 
担当:本城、氏家
〒164-0001 東京都中野区中央4-54-11
E-mail: info01@isep.or.jp  
TEL: 03-6382-6061 FAX:03-6382-6062

【プレスリリース】「週刊ポスト『自然エネルギー』の不都合な真実」への反論

■「週刊ポスト『自然エネルギー』の不都合な真実」への反論
   (環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也)

【プレスリリース/PDF】[詳しくはこちら]“”

【お知らせ】5月16日(月)15:54~、大阪毎日放送「ちちんぷいぷい」に飯田哲也がコメント出演

■大阪毎日放送「ちちんぷいぷい」
 [詳しくはこちら]“”

【メディア掲載】ジャパンタイムスによる飯田哲也のインタビュー記事、Renewable’s time is now

expert says「Goal should be 100% reliance on alternative energy by 2050」(英訳)が掲載されました 11/05/14(土)

【お知らせ】5月15日(日) 19:00~@新宿ロフトにて、河野太郎×飯田哲也トークイベント第二弾/緊急決定!「続・福島後のエネルギー政策」に飯田哲也が生出演(Ust配信)

■河野太郎×飯田哲也トークイベント/第二弾
 緊急決定!「続・福島後のエネルギー政策」

【公演日】 2011年5月15日(日)
【時 間】 OPEN18:00/START19:00
【会 場】 新宿LOFT/PLUS ONE【出 演】 河野太郎(自民党衆議院議員)
      飯田哲也(ISEP 環境エネルギー政策研究所所長)
      Guest:佐藤栄佐久(前福島県知事)
【料 金】 前売¥1500/当日¥1800(共に飲食代別)
【チケット】前売券はローソンチケットにて近日発売予定!!
(4/17に先行販売したチケットをお持ちの方が先の入場となります)
【お問合せ】LOFT/PLUS ONE 03-3205-6864
 ※諸状況により日時・場所・出演者などが変更になる場合があります。
 事前に会場・主催者までお問合せください。

(内容)4/17にネイキッドロフトにて行われた、河野太郎×飯田哲也トークイベント第二弾が緊急決定!ゲストに前・福島県知事、知事在職中から、国の原子力政策 に疑問を投げ続けていた佐藤栄佐久氏をお迎えし、国と東電がひた隠しにする「原発のウラ事情」について、徹底的にお話を伺います!

【ニコ生にてUst配信】【isep_japanにてUst配信】[詳しくはこちら]“”

【お知らせ】5月15日(日)@国連大学にて、『WorldShift Forum 2011』に飯田哲也が登壇します 11/05/15日(日)

■WorldShift Forum 2011
・地球サミット1年前イベント
・東日本大震災復興支援チャリティイベント
【日程】2011年 5月15日(日)
【会場】国連大学ウ・タント国際会議場
【参加費】当日カンパ(一口1

【お知らせ】5月15日(日)18:30@東京オリンピック記念青少年センターにて、シンポジウム「いのち最優先の自治体・エネルギー政策~大震災・原発被災後のビジョンを徹底討論!」に飯田哲也が登壇

■今こそエコでフェアな自治体を! 『3.11』から未来を拓くシンポジウム
 いのち最優先の自治体・エネルギー政策
 大震災・原発被災後のビジョンを徹底討論!
【日程】5/15(日)18:30~
【会場】東京オリンピック記念青少年センター・国際棟 【主催】1000人のエコフェア宣言プロジェクト
    みどりの未来
【参加費】無料!
【問合せ】〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビル404
     みどりの未来 TEL&FAX : 03-3338-8587
[詳しくはこちら]

「私 たちは、今、どのような社会と政治をめざすのか」、復興や再生を語るためのビジョンが必要です。震災前と同じ社会や政治ではなく、人々がほんとうの意味で 安心でき生活が保障される、新しい社会と政治のありようが求められています。すでに脱原発への道を歩み始めているドイツは、かつての東西ドイツ統合の過程 で格差と貧困の問題に直面してきました。ドイツ緑の党のゲストも招いて、「原子力からのシフト」「震災弱者をつくらない」ための社会と政治を徹底的に議論 します。

『エコ⇒原子力からシフトする』
 「自然エネルギー100%は2050 年までにできる」
   飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)

『フェア⇒震災「弱者」をつくらない』
 「仕事・住宅・生活・コミュニティのベーシックな保障を」
   竹信三恵子(和光大学教授 元朝日新聞記者 著書「ルポ雇用劣化不況」他)

<緊急・海外ゲスト>
『ドイツ緑の党 脱原発への道』
  ジルヴィア・コッティング=ウール(ドイツ緑の党・国会議員 原子力・環境政策スポークスパーソン)””

【お知らせ】5月13日(金)20:55~J-WAVE JAM the World(THE CUTTING EDGE)「浜岡原発を全て止めても、夏場の供給力は十分にある!」に飯田哲也が出演

■J-WAVE(FMラジオ・81.3mkh・首都圏ネット)
 JAM the World「THE CUTTING EDGE」
 「浜岡原発を全て止めても、夏場の供給力は十分にある!」
【日時】2011年5月13日(金)20:55~
【出演】NPO法人環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也
[詳しくはこちら]“”