文字サイズ
標準
拡大

イベント

【イベント】シンポジウム『宝塚エネルギーを広めよう!!』

全国で市民発電所などの取組を行っている実践者と市民が集まり、環境(特にエネルギー)について考えるきっかけとするための懇談会とイベントを開催します。 日時:2015年3月8日(日)13:00〜16:30 会場:宝塚ソリオホール(宝塚市栄町2-1-1(ソリオ1…続きを読む

【国会エネ調】国会エネルギー調査会(準備会)第46回

  ■ 概要 昨秋の電力会社による再生可能エネルギーの買取保留問題をきっかけに、一気に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の見直し策がまとめられ、関係省令・告示が施行されました。突然の衆議院解散で国会は蚊帳の外、パブリックコメントの扱い…続きを読む

【イベント】「自然エネルギーで豊かな日本を!アクション」シンポジウム(2/19)開催について

  「自然エネルギーで豊かな日本を!アクション」シンポジウム 「自然エネルギー飛躍の条件は何か」 →こちらのリンクもご参照ください。 http://shizen-ene.blog.jp/archives/1017929830.html &nbsp…続きを読む

地域の自然エネルギー活用と温暖化防止を考える(静岡)

※ ISEP所長飯田哲也と全国ご当地エネルギー協会幹事が登壇するイベントのご案内です。 開催概要 2015年1月19日(月)温暖化防止研修会「地域の自然エネルギーと温暖化防止を考える」を開催いたします!ベストセラー「里山資本主義」、「デフレの正体」著者の藻…続きを読む

【イベント】第6回 原子力ムラ境界線上の「哲」人対話(12/25)開催について

  第6回 原子力ムラ境界線上の「哲」人―あほ×アホ×”癒し系”―対話 in X’mas   ISEP所長・飯田『哲』也氏と東工大助教・澤田『哲』生氏の原子力をめぐる推進か脱かの〝二項対立〟を超えるダイアローグ(対話)――テ…続きを読む

【イベント】「自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション」 キックオフシンポジウム(12/4)開催について

  自然エネルギーは、日本が持つ唯一の純国産エネルギー資源であり、エネルギーの安定的な確保や地球温暖化対策に大きな役割を果たすものです。日本では、その本格的な導入はまだ始まったばかりですが、電力会社が「接続申込みへの回答保留」措置を開始するなど、…続きを読む

【イベント】第5回 原子力ムラ境界線上の「哲」人対話(11/19)開催について

  第5回 原子力ムラ境界線上の「哲」人―あほ×アホ×”癒し系”―対話   ISEP所長・飯田『哲』也氏と東工大助教・澤田『哲』生氏の原子力をめぐる推進か脱かの〝二項対立〟を超えるダイアローグ(対話)――テーマは時勢に応じたもの、そうで…続きを読む

【国会エネ調】国会エネルギー調査会(準備会)第45回

  ■概要 固定価格買取制度(FIT)を契機に各地で導入が進む再生可能エネルギーに逆風です。九州電力など電力5社が再エネの系統接続申込みへの回答を保留、新規参入の事業者はもちろん、福島をはじめ再エネを震災復興や地域振興の核に据える関係者の間に戸惑…続きを読む

【国会エネ調】国会エネルギー調査会(準備会)第44回

  ■概要 エネルギー基本計画(今年4月閣議決定)を具体化するとして、総合資源エネルギー調査会の下に、様々な小委員会やワーキンググループが設置されています。そのためエネルギー政策を巡る議論の全体像が見えにくくなっています。また、政府はなるべく早く…続きを読む

【共催イベント】市民出資を活用した自然エネルギー(太陽光発電)事業 「やまぐちソーラーファンド2014」募集説明会

〜みんなの力で山口、そして全国各地からのエネルギー未来を〜 市民出資を活用した自然エネルギー(太陽光発電)事業 「やまぐちソーラーファンド2014」募集説明会のご案内 特別講演:澤上篤人氏(さわかみ投信株式会社 取締役会長) 10/23(木) 於・商工会館…続きを読む