文字サイズ
標準
拡大

第4世代地域熱供給 4DHワークショップ(10/7)


欧州では地域熱供給が熱部門の脱炭素化に大きく貢献することが期待されており、デンマークを中心に第4世代地域熱供給に向けた研究・実証が進んでいます。その中、デンマークのオールボー大学では、この第4世代地域熱供給(4DH)の実現をリードし、欧州17カ国を対象とした欧州温熱ロードマップ2050(Heat Roadmap Europe 2050)プロジェクト等を進めてきました。この度、その中心的な役割を務めてきたポール・オストゴー教授をお招きし、第4世代地域熱供給4DHワークショップを開催することになりました。ご関心のある多くの研究者・実務者などの参加をお待ちしています。

日時:2019年10月7日(月)15:00-17:30 (14:30受付開始)

会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 55N号館 1階 第二会議室(定員70名)
https://www.waseda.jp/top/access/nishiwaseda-campus

主催:早稲田大学 高口研究室、デンマーク大使館、環境エネルギー政策研究所(ISEP)

参加費:無料(要申込み)

お申込み

プログラム:

15:00 開会挨拶

15:05 講師紹介

15:10 講演:デンマーク・オールボー大学ポール・オストゴー教授
Dr. Poul Alberg Østergaard, Professor in energy planning, Aalborg University
「再生可能エネルギー供給のための地域熱供給の役割」
“The role of district heating in the transition to renewable energy supply”

16:10 休憩

16:20 討論「地域熱供給による脱炭素化の可能性」(仮)

17:20 クロージング

17:30 閉会

【オールボー大学ポール・オストゴー教授 プロフィール】

Poul Alberg Østergaard is a professor in energy planning at the Department of Planning at Aalborg University. From a background in electrical engineering, Poul Alberg Østergaard went on to focus on energy systems from a more holistic perspective. Thus, his research is primarily focused on the scenarios for and simulations of future energy systems based highly on fluctuating renewable energy sources. He is involved in a number of Danish and international research projects on renewable energy systems including for instance SMILE on smart renewable energy islands, MUSE GRIDS on integrated energy systems, RE-INVEST on robust energy investment strategies for Denmark in a future renewable energy Europe and 4DH on 4th generation district heating systems. In addition, he is the programme director of the M.Sc. Eng. programme in Sustainable Energy Planning and Management at Aalborg University and has been involved in various other teaching and training activities notably energy systems analyses work-shops on three continents.

連絡先:
認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP) 4DHフォーラム事務局
住所:東京都新宿区四谷三栄町16-16 TEL:03-3355-2200, FAX:03-3355-2205
URL: https://www.isep.or.jp/ 担当:渡辺, 松原