文字サイズ
標準
拡大

【資料・動画公開】『自然エネルギー世界白書2015』発表記念シンポジウム(6/30)

『自然エネルギー世界白書2015』発表記念シンポジウム -メインストリームになった自然エネルギー-

7/6 資料及び動画を公開しました。

■ 開催趣旨

「自然エネルギー世界白書」は、21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク(REN21*)が毎年発行する、世界の自然エネルギーに関する最新状況を取りまとめたレポートです。2005年に最初に発表されて以来、自然エネルギーに関する報告書の中で、世界的にもっとも引用され、もっとも報道される、有益な情報ソースとなっています。
その最新版が、本年6月18日にオーストリア・ウィーンで発表されます。これにあわせて環境エネルギー政策研究所(ISEP)および自然エネルギー財団(JREF)はREN21議長アルソロス・ゼルボス氏をお招きし、2015年版発表記念シンポジウムを開催いたします。世界で主流となっている自然エネルギーの動向と展望、そして世界から見た日本の状況について議論します。みなさまのご参加お待ちしております。

■ 開催概要

日時:2015年6月30日(火)13:30~16:30(13:00受付開始・開場)
場所: 日比谷図書文化館大ホール(地下1階) 東京都千代田区日比谷公園1-4 【MAP】
主催:認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所、公益財団法人 自然エネルギー財団
入場料:無料 ※日英逐次通訳付き(英語から日本語のみ)
※本イベントは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催しています。

■ プログラム [動画]

1. 開会
2. 主催者、来賓あいさつ
3. 「『自然エネルギー世界白書2015』を語る」[資料]
アルソロス・ゼルボス REN21(21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク)議長
4. 「日本の自然エネルギーの状況」
中村成人 日本風力発電協会 専務理事 [資料]
亀田正明 太陽光発電協会 事務局長 [資料]
5. パネルディスカッション「世界から日本の自然エネルギーの今を見る(仮題)」
高橋洋 都留文科大学社会学科教授
松原弘直 環境エネルギー政策研究所 理事 [資料]
大野輝之 自然エネルギー財団 常務理事

* REN21は、ドイツ政府が設立した自然エネルギー政策の国際ネットワーク。英国、米国などの政府、産業界、学会、NGOなどが参加しており、日本からは飯田哲也(ISEP所長)およびトーマス・コーベリエル(JREF代表理事 理事長)が運営委員として参加しております。また、ISEPは2005年版発行以来、毎年日本語翻訳版を作成・発行しております。2015年版の日本語翻訳版は、2015年秋の発行を予定しております。

「自然エネルギー世界白書」の過去アーカイブをまとめた特集ページはこちら