文字サイズ
標準
拡大

イベント

【国会エネ調】国会エネルギー調査会(準備会)第50回

  ■ 概要 第1部では、昨年4月閣議決定のエネルギー基本計画、そして現在とりまとめ中のエネルギーミックスを巡る議論で焦点となってきた「ベースロード電源」を取り上げます。ヨーロッパはじめ世界ではベースロード電源が消えつつあると言われる中、日本では…続きを読む

【資料掲載】デンマーク・バイオマス・エネルギー・ビジネスセミナー(6/18)開催について

  デンマーク・バイオマス・エネルギー・ビジネスセミナー 本イベントの参加申し込みは募集定員に達したため終了させていただきました。ご了承ください。また、6/17に開催予定の「自然エネルギー100%を目指すデンマークのバイオマス熱利用に学ぶ」 デ…続きを読む

【国会エネ調】国会エネルギー調査会(準備会)第49回

  ■ 概要 発送電分離(法的分離)などを盛り込み、電力システム改革の「総仕上げ」と位置付けられる第3弾法案が国会で審議をされています。第1弾(広域系統運用機関設立)、第2弾(小売全面自由化)の施行、詳細設計の検討も進んでおり、今年4月1日には電…続きを読む

【イベント】シンポジウム 明日のエネルギー社会を担う若者100名 〜地域で地球で活躍するISEPインターン卒業生(5/23)

  ISEP15周年記念シンポジウム第1弾 明日のエネルギー社会を担う若者100名 〜 地域で地球で活躍するISEPインターン卒業生   本イベントは多くの方にご来場いただき、盛況のうちに終了しました。 当日報告はこちら 当日の映像はこ…続きを読む

【イベント】「エネルギーミックス緊急集会『再エネ目標を30%以上に!!』」(4/28)開催について

自然エネルギーアクション主催イベント エネルギーミックス緊急集会「再エネ目標を30%以上に!!」(4/28) エネルギーミックスをめぐる国の検討が大詰めを迎えています。圧倒的に多くの国民が再生可能エネルギーの大幅な拡大を望んでいるにもかかわらず、2030…続きを読む

【国会エネ調】国会エネルギー調査会(準備会)第48回

■ 概要 東京電力福島第一原発事故を経験した日本のエネルギーはどうあるべきか?気候変動リスクへの最適解は何か?世界と未来に向けた責任が問われるエネルギー論議のはずが、過去回帰しています。3・11の反省を忘れた、民意無視の議論がまかり通っています。旧態依然か…続きを読む

【イベント】只見町から日本と地球を見据えたエネルギー未来(4/5)開催について

  今、日本・世界中で地域からのエネルギー変革が加速度的に広まっています。 日本各地でエネルギー変革をリードする輝ける「太陽の女性」たちが、ここ「自然首都」只見町に集まり、只見町や福島、そして日本から世界へと広がってゆくエネルギー未来を和やかに、…続きを読む

【イベント】ISEP Energy Democracy 研究会

  ISEP Energy Deomcracy研究会 ■ Energy Democracyとは? Energy Democracy は、中央集中型から地域分散型へとエネルギーと社会のあり方が構造的に変化する中で、その意味を考え、議論し、理解を深め…続きを読む

【イベント】特別研究会「原子力損害賠償の現状と課題〜被災者の生活再建と原賠法の見直しに向けて〜」(3/19)開催について

  福島第一原子力発電所事故からすでに4年が経過しましたが、震災による被災者の避難生活は長期化が余儀なくされています。原発被災地の復興政策や被害者への賠償には、多くの課題が残されています。今後の原子力損害賠償の見直しに向けては原子力委員会の下に原…続きを読む

【国会エネ調】国会エネルギー調査会(準備会)第47回

■ 概要 エネルギー基本計画は原発を「重要なベースロード電源」と位置付けつつ、依存度を「可能な限り低減」させるとしています。しかし、「最大限導入」とされる再生可能エネルギーは昨年の買取保留問題を受けて、運転40年経過炉も建設中の大間、島根3号も含む「原発最…続きを読む