文字サイズ
標準
拡大

自然エネルギー白書2014

自然エネルギー白書2014表紙

編集・発行:認定NPO法人環境エネルギー政策研究
発行日:2014年3月

「自然エネルギー白書2014」(全文) (2014年3月発行) ダウンロード(PDF, 140ページ, 16MB)

「自然エネルギー白書2014グラフ図集」 (2014年5月) ダウンロード(PDF, 48ページ, 2MB)

「自然エネルギー白書2014サマリー版」(2014年1月発行) ダウンロード(PDF, 26ページ, 3.4MB)

“Renewables Japan Status Report 2014, Executive Summary”(English, July 2014) download (PDF, 9 Pages)

※以下の旧版はPDFダウンロード可:

[2012年版][2011年版]
「コミュニティパワー元年」

今や、大小合わせれば全国で50を越える「ご当地エネルギー」が立ち上がり、また立ち上がろうとしている。こうした地域社会による自発的・自立的な参加と行動が、「第四の革命」と呼ばれる自然エネルギーの加速度的な拡大の原動力となっていることを考えれば、日本でも地域からボトムアップのエネルギー革命の流れが加速するであろう。
日本ではとりわけ顕著だった「中央独占・大規模集中型」の従来型のエネルギー産業や電力産業は、遅かれ速かれ、こうした「地域自立・小規模分散ネットワーク革命」をとおして、これからのエネルギー社会構造を根底から変えていくのではないか。その時に振り返ると、2014年は日本における「コミュニティパワー元年」として歴史に刻まれるに違いない。 認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也 「まえがき」より

主な内容:

「自然エネルギー白書2014」では、世界で急成長する自然エネルギーについて日本の現況と本格導入への見通しを中心に分析・記述しています。この2014年版では前年に引き続き「固定価格 買取制度(FIT制度)」「コミュニティパワー」「自然エネルギー100%地域」の三つのテーマを重点的に取り上げました。太陽光、風力、地熱、小水力、バ イオマス、太 陽熱など、国レベルの自然エネルギー政策の具体的課題から、地域での事業化や普及に向けた取り組み、各種のトレンド・データ、地域別ポテンシャルや導入状況、自然エネルギー100%を目指す長期シナリオまでを示し、自然エネルギー 100%の実現に向けた提言を しています。

「自然エネルギー白書2014」目次

第1章: 国内外の自然エネルギーの動向

  • 世界の自然エネルギー
  • 日本の自然エネルギー政策と市場
  • 日本の自然エネルギー・トレンド
  • 長期シナリオ~自然エネルギー100%を目指して
  • 地域の自然エネルギー導入実績とポテンシャル
  • 自然エネルギー政策への提言

第2章: 自然エネルギー政策と市場

  • エネルギー政策のゆくえ ~エネルギー基本計画、電力システム改革、気候変動政策、熱政策、自治体政策
  • 固定価格買取制度(FIT制度) ~実績と課題、今後の方向性と提言ほか
  • コミュニティパワー ~意義、国内の動向、事例、研究会、社会的受容性、国際会議
  • 自然エネルギー市場 ~太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマス、太陽熱、電力会社、協同組合
  • 自然エネルギー産業 ~太陽光、風力、バイオマス、地熱、小水力、太陽熱
  • 自然エネルギー金融 ~国内外の状況、市民出資
  • 自然エネルギー普及策 ~グリーンエネルギー証書、排出量取引制度

第3章: 自然エネルギーのトレンド

  • 自然エネルギー電力 ~太陽光、風力、小水力、地熱、バイオマスほか
  • 自然エネルギー熱 ~太陽熱、地熱、バイオマス
  • 自然エネルギー燃料分野

第4章: 自然エネルギー100%への中長期シナリオ

  • 世界の中長期エネルギーシナリオ
  • 100%自然エネルギー世界キャンペーン
  • 国内の中長期エネルギーシナリオ

第5章: 地域別導入状況とポテンシャル

  • 国内の自然エネルギー100%地域~エネルギー永続地帯より
  • 地域別の導入ポテンシャル~太陽光、風力、地熱、小水力

第6章: 提言とまとめ

認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所
お問い合わせ: https://www.isep.or.jp/about_contact