文字サイズ
標準
拡大

自然エネルギー白書2013

自然エネルギー白書2013

認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)は、日本国内を中心とした自然エネルギー政策の状況や様々な自然エネルギーについて、最新動向をまとめた「自然エネルギー白書2013」を昨年に引き続き編纂しました。この「自然エネルギー白書2013」は七つ森書館より本日5月10日に 発刊され、全国の書店で販売されると共に、当研究所でも特別価格で販売を行います。

「加速する自然エネルギー革命」
世界中で澎湃(ほうはい)とわき起こり加速度的に進んでいる自然エネルギー革命が、ますます地域コミュニティによって担われていることは、もっとも 重要な動きであろう。長く一部の人たちに独占されてきたエネルギーが、幅広い人たちによって担われる、社会の構造転換が起きようとしている事実が、歴史と 世界の大波を創っている。日本の未来も、私たち一人ひとりの意思と行動で創ることができる。すでに、政策も技術も方法も私たちの手にあるのだから。
ISEP所長 飯田哲也 「はじめに」より

編集:認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)
協力:JST地域エネルギー・ファイナンス研究チーム、永続地帯研究会ほか
発行:七つ森書館
発行日:2013年5月10日
定価: 2,000円(税別) 全国の書店にて販売
特別価格:2,000円(税込、送料込)ISEPより販売
詳しい情報は「自然エネルギー白書2013」特集ページ

主な内容:

本書では、世界で急成長する自然エネルギーについて日本の現況と本格導入への見通しを中心に分析・記述しています。2013年版では特に「固定価格買取制 度(FIT制度)」「コミュニティパワー」「自然エネルギー100%を目指して」の三つのテーマを取り上げました。太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマ ス、太 陽熱など、自然エネルギー政策の具体的課題から、事業化や普及に向けた取り組み、地域別ポテンシャルや導入状況、中長期シナリオまで、自然エネルギー 100%の実現に向けた提言を しています。

第1章: 国内外の自然エネルギーの概況
世界の自然エネルギー政策とトレンド/日本の自然エネルギー政策とトレンド……

第2章: 国内の自然エネルギー政策の動向
国の自然エネルギー政策/固定価格買取制度(FIT制度)/
地域主導の自然エネルギー/自然エネルギー事業への取り組み/
産業および雇用/自然エネルギー事業と金融/
自然エネルギー普及への取組み/社会的合意形成……

第3章: 自然エネルギーのトレンドと現況
太陽光発電/風力発電/小水力発電/地熱発電/バイオマス発電/
海洋エネルギーによる発電/太陽熱発電/地熱直接利用および地中熱/
バイオマス熱利用……

第4章: 自然エネルギー長期シナリオ
自然エネルギー100%を目指して/世界自然エネルギー未来白書/
国内の中長期シナリオ……

第5章: 地域における導入状況とポテンシャル
地域での取り組みとその可能性/地域別の導入状況/
地域別の導入ポテンシャル……

第6章: 自然エネルギー政策への提言
自然エネルギー政策への提言/おわりに

■ このプレスリリースに関するお問い合わせ

認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)
URL: http://www.isep.or.jp/
TEL: 03-5942-8937
FAX: 03-5942-8937
担当: 松原、渡邊